デトックス日記 2020/8/18 – 50日目

デトックス生活 50 日目

2020/8/18

  • テレワーク
  • 睡眠時間5時間半程度。
  • 朝1時間半くらい散歩&ランニングした。

朝・プロテイン、デトックスドリンクA
昼・タコライス
夜・カレーライス、デトックスドリンクC

今日もあまり集中力がなかったので定時退社しました。
カレーライスを食べ過ぎたせいなのか、19時に強烈な眠気がきて、22時くらいまで寝ていました。

確かこの頃はお金に関していろいろ思うことがあり、断捨離していたらハワイに行った後に換金していなかった 416 ドルが出てきたり、12000ウォンが出てきたり、中国の怪しい本が出てきたり(絶版っぽい)、ランニングしていたら蛇さんが登場したり、お金絡みのことが短期間に一気に起こってびびりましたね。

少し後に気づくのですが、私はお金関係にも地雷があったのだと思います。
それでいろいろ考えたり、ワークをしたりして解消していたことで、そういう出来事ばかりを引き寄せたのだと思います。
お金のことは、ちょうどこのブログを書いている 9 月の終わりにはしっくり来る答えが見つかってすっきりしているのですが、1 ヶ月くらいはいろいろさまよっていましたねー。

先日の新井さんの講座で、「家の中は宝物だけにする置くものを厳選する。その人が持つ気がその空間をつくる。」「捨てるとは選ぶ(何かを残す)こと。牌は限られている。出逢いも同じ。手放したら相手にとってもいい出逢いがあるから、手放すことは相手のためにもなる。」この辺りに特に感銘を受けて、「不要なものは手放そう!」としばらく断捨離に勤しむことになりました☆

そうそう。人に関しても数ヶ月前にかなり大きなものを手放したんですよね。
とある人への特別な想いと距離。その想いは絶対に届かないし、届ける気もなかったし、距離も今以上に近づくことはないもの。そしていつかはわからないけど、確実に終わりもあるもの。

だけど、終わる頃には納得がいく自分に成長していれば乗り切れるのではないかという希望的観測で問題を先送りにしていました。その頃、いろいろと失って何もなくなってしまったので、その時に唯一の希望につながったそれに執着していたのですよね。でも、それ自体になんの価値も保障もないことも知っていたので、思い切って手放したら、それ以上の大きなものを引き寄せました。

これは本当に私の底辺な経験で(あ、現実には何か実行動をしたものでもなく、私の脳内だけで完結しているので、誰 1 人に迷惑はかけていません。誰にも気付かれもしなかったと確信できます。)、この経験だけは、誰にもさせたくないと本気で思っています。

あ、底辺というのは一応褒め言葉です。底辺なことが時々あって不完全だからこそ、人の気持ちがより深く理解できるのだと思っているのです。それは自分の大きな強みの 1 つです(笑)

そして後日また別件で底辺なことが起こりますが(笑)、まぁそういうのも全部紹介していこうと思っています。あ、デトックスとはあまり関係ありません。

Follow me!