勝負から降りることは悪いことではない。だけど、全部自分のためだけにするのだと自覚することが必要だと思った。 ~デトックス日記 2020/10/25 – 118日目

デトックス生活 118日目

2020/10/25

  • 休日
  • 睡眠時間 5時間程度(2:30〜7:30)
  • また足がつった?
  • 9:00まではふとんでごろごろしていた。
  • 1日のパフォーマンス・良かった。少し風邪気味かも。
  • 体重・49.2kg (-1.2kg)9:55 おー、凄い!過去一軽い!まぁ、昨日ほぼ食事してないからね。
  • 胃が空だから、軽いよね(笑)

朝・プロテイン
昼・デトックスドリンクA(一昨日の残り)、焼き野菜(さつまいも、ピーマン、なす)
間食・デトックスドリンクA
夜・ラーメン、餃子、チャーハンセット

いま、すぐに解決したいことがあるけど、機が来るまで待たないといけなくて、もやもやしています。
それまでの時間は楽しく過ごしたいけれど、やっぱり私ってそういうの難しい人だなーと感じています。

何のことだか全くわからないようにぼかして書いています。
実際にお会いして、関連する話を聞いた人はあのことだとすぐにピンとくる内容ですが、直接的なコメントとかは控えていただけると助かります(笑)

さっさと結論を出したいというもやもやがある。
でも、頑張ろう!と思いました。

今日も岩盤浴に行って自己対話しました。

気になっていることについて、状況的に理解できるし、きっと今後もそれはずっとそうで、そうでないと多分いけなくて、私もそうであってほしいと思っています。

しかし、私はそれでいいのか?
いま、無責任に自分の展望(理想の自分)だけでそれでいいと思いこもうとしているのではないか。

それについて、私は他人のその行動を変えることはしたくないし、それも出来ないのですが、私がそれについて出来ることは、それを受け入れるかリタイヤするしかないのです。

私はずっと、それ系に対してリタイヤしないで生きてきました。された時にしんどい思いをしたからです。
自分がする側に回らなくて本当に良かったと思ったからです。今までの自分の生き方的に。

受け入れるについては、あまり出来ていなくて反発しながらでしたが(笑)

・でも、だから、それについて、私は絶対にリタイヤしてはいけないと、決めつけているだけではないのか。
・リタイヤするのは卑怯だと思っていないか。
・本当は自分が悪者になることから逃げていないか。
・辛さに耐えられないなら、卑怯でも、悪者でも受け入れるべき。自分がそうされたからそうしないなんて、綺麗事ではないか。無理なら人を傷つけようが自分のために自分から辞退するべき。
(この時に相手のためでもあるだなんて、絶対に考えてはいけないと思っています。全部自分だけのためなのです。)

・ずっと変わらないで受け入れられるなんて、自分を過信していないか?
・何があっても変わらないでいられるなんて、自惚れているのではないか?
自分はそんな器ではない。入らないものを無理に受け入れたら、溢れてしまいます。
最終的な結果も考えてベストを選ぶべきなのです。

自分は一体何に固執しているんだろう?
人としてどうありたいか。自分の良いところ?を失いたくないだけでは?
本当にそれが好きなの?続けたいのか?
それについて本当に真剣に考えているの?

あることあることにそれを否定する情報ばかりが集まってきます。
それも毎日集まって来るのです。自分が求めていないのに。

うーん。その情報をどう解釈するかは自分が決めることですのにね。そう思ってしまうってことはそうなのかなとも思えます。でも、自己肯定感が低いせいでそう思っているのかもしれません。なんなのだろうか?

余計に考える必要がありますよね。
特に何も考えてなく、良かれと思ってしていることに対して、私が勝手に期待して、期待外れに思っただけなのかもしれないし、そんなつもりはないのに、タイミングが悪いだけなのかもしれないし。

ちゃんと事実のみを冷静にみると、肯定する良い情報もあるのですが、タイミングが物凄く悪いせいで、そこがあまり参考にならない可能性があるのですよね。

自分はどうなりたいのか、そのために今何をすべきか?

だいたい、こんなに辛いのに、何のために耐えるのか?意味があるのか?将来性があるのか。

正しい結論を出さないと。
正直に本音に従って。綺麗事に逃げないで。

でもこんなにもやもやするのは、やはりそれに対して強い思いがあるからなんだと思うんですけどねー。
そうでもなければそんなに気にならないはずなのです。

自分だけの都合だけれど、そこは結構譲れない部分なのかもしれません。

私は私の保身のためだけにこれを考えています。
これが誰かのためだなんて、考えてはいけないと思っています。

だから確認しようと決意しました。

そして、肝心なことを書き忘れていました。
これから聞こうと思っていることは、全部自分はどうなのかと問いかける必要があります。

問いかけたら、それについては私は大丈夫でした。
良かった。
でも、この思いも間違えかもしれない。
自分が間違えているかもしれないということは、常に考え続けていこうと思っています。

上の話とは全く関係ない話なのですが、嫉妬というのは本当に好きの裏返しなのだろうか?と最近思いました。

「嫉妬するっていうのは、それだけ相手のことが好きなんだよねー」って今まで何となくプラスに捉えていたのですが、けれど、そうではなく、ただの利己的なよろしくない嫉妬もあるのではないかと最近思ってきました。

ただ、全く何とも思っていない相手には嫉妬はしないだろう。
好きかどうかは別として、何らかの興味がある相手にのみ起こる感情なのかなと思っています。

そんなことを最近は考えました。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

Follow me!